カテゴリ
ポラロイド
HOLGA
マシカク<SQUARE>
モノクロ
LOMO LC-A
カラーネガ
デジタル
クロスプロセス
お知らせ
写真展
オデカケ
料理
写真機材
以前の記事
<   2011年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧
パリ 凱旋門 (6日目)
バスに揺られること10数分。
凱旋門に着きました。

凱旋門って一番上の平らな部分まで上れるんですね。知らなかった。
ノートルダム寺院は登れなかったので、こちらは登ってやろうとバス停に降り立つと、
「凱旋門に渡れねー!」
凱旋門は丸いシャルル・ド・ゴール広場(旧称エトワール広場)の真ん中に立ってるんですが、その周囲を4車線の車道が丸くロータリーの様になっているんです。
ちょうどドーナツの穴に凱旋門が立ってる感じ。

横断歩道も無いし「どうするん?」と思っていたら、地下道を通って広場へ渡るようです。
(他の人を見てたら分かった^-^)
f0200647_18315194.jpg

f0200647_1831559.jpg


見学料は大人9.5ユーロ(だったかな?)。
f0200647_21431347.jpg

エレベータでも上がれますが、昔ながらの螺旋階段を上がることにしました。
f0200647_19533392.jpg

エスカルゴ、ではなく螺旋階段。
f0200647_19533754.jpg

これで高さ49.5mまで登ります。
階段を上りきると、こんなホールのような所に出ます。
f0200647_2024571.jpg

右手に少し見えているのがお土産やさん。

さあ、ここを抜けると屋上展望台。
f0200647_2064792.jpg

パリは高い建物が無いので、50mの凱旋門の上でも市内を一望できます。
右手に見えるのが、エッフェル塔。
真正面の黒いぴょこっと飛び出たビルがモンパルナス・タワー。
眼下に渋滞している通りがシャンゼリゼ通り。


上から見ると、この広場は「星の広場(エトワール広場) la place de l'Etoile」と呼ばれていたのが分かる。
この凱旋門を中心に、シャンゼリゼ通りを始め、12本の通りが放射状に延びて、その形が地図上で光り輝く星の煌めきのよう。
どこまでもオシャレやなー



f0200647_21545417.jpg

[PR]
by dango-dango | 2011-11-28 22:03 | オデカケ
パリ 市内循環観光バスに乗る (6日目)
次の目的地は、と言うか「目的」は『シャンゼリゼ通りを歩く』です。
凱旋門からルーブル美術館にかけて歩いてみたい。
ベタと言えばベタですが、やはりパリに来た以上は外せないでしょう。

現在地はシテ島。
普通に考えれば、そのまま右岸に戻って、ルーブル美術館の中庭を抜けて、凱旋門を目指せばよい。
のですが、シャンゼリゼ通りは意外と坂道という話を聞きました。
歩くなら凱旋門からルーブルを目指した方が下り坂で楽らしい。
確かに、朝から歩きまくりなので、所々楽していかないと行きたいところは無尽蔵。

そこで、今回利用したのがカー・ルージュ(Les Cars Rouges)。
市内循環観光バス。
2階建てバスで2階座席はオープントップなので晴れの日はサイコーです!
f0200647_10322156.jpg


パリの主要観光スポット9カ所の好きな停留所で乗り降りできます。
f0200647_19372815.jpg



10分間隔で(週末は6分間隔)やって来るので便利。
ただ料金が2日間乗り放題で大人26ユーロは...その人次第かなあ~
f0200647_10322991.jpg



メトロに比べると高いけど、移動中もパリの風景を楽しむことできるし、セーヌ川両岸のスポットを巡るのはいいと思います。
f0200647_10323464.jpg

f0200647_10364847.jpg

[PR]
by dango-dango | 2011-11-26 19:37 | オデカケ
パリ サン・ルイ島、シテ島 (6日目)
歩いていると、お腹も空く。
マレ地区で何か食べるなら、ファラフェル!
ピタパンで野菜とひよこ豆のカリカリコロッケをトッピングした手軽なファストフード的な食べ物。
マレ地区にはファラフェル屋さんはたくさんあるが、検索すると必ず出てくる、L'As du Fallafel(ラス ドゥ ファラフェル)。
行ってみようじゃないか。
f0200647_1056446.jpg

行ってみると、やはり人気の店なのかすごい行列!
でも、あまり待たなくてもどんどん順番がやって来る。
手に持つとかなりズッシリ。
独特の香辛料の香りで味はスパイシー。辛くはないけどカレー風味に近いかなー

ファラフェルを食べながら、セーヌ川へ向かっててくてく歩く。
食べながら歩くので写真が撮れない!
片手で撮れるスナップカメラが欲しいところ。(あぁまた新たな物欲がー)


マリー橋を渡り、サン・ルイ島へ。
秋の気配のセーヌ川岸を歩いていると、人懐っこいヤツが店(事務所?)の中から出てきました。
f0200647_11321212.jpg

f0200647_11391897.jpg

「はいポーズ!」なんてやってると、
f0200647_11392955.jpg

パリのネコは情熱的なのだ!?


また橋を渡り、シテ島へ。
f0200647_21404023.jpg

f0200647_21404642.jpg


シテ島に来たのは、もちろんノートルダム寺院。
ロベール・ドアノーの「ノートルダムの怪獣」と同じ風景が見たかった(単純だ)。
f0200647_18327100.jpg

しかし、鐘塔に登る入り口には入場を待つ長蛇の列が....
2時間くらい待つときもあるとは、聞いていたけど一縷の望みを持ってやってきたけど、やっぱり無理だ~~~
あとの行程を考え、泣く泣く寺院前で写真をパチリ。
次の目的地へ。
[PR]
by dango-dango | 2011-11-24 19:00 | オデカケ
パリ マレ地区 (6日目)
バスティーユ広場を後にして、マレ地区へ。
マレ地区はサン・ルイ島の北にあるセーヌ右岸部(パリ3区と4区)のエリア。
f0200647_21272136.jpg

マレ地区は今でも貴族の館の一部がそのまま残ってたりしているので、パリでも最も優美な地区だと言われ低ます。
f0200647_21321856.jpg

f0200647_21354315.jpg

古いものばかりかと言えば、そうでもなく、無印良品(笑)やオシャレなブティックなどがチラホラ。
f0200647_22581266.jpg

ポンピドゥー・センターやピカソ美術館などアートも充実。
f0200647_2324066.jpg



駆け足で通り抜けて行くのは、、ホントに惜しい。
ここに来て、ようやくパリの大きさと魅力の深さを思い知ることに.....
モッタイナイ....

でも、次に行かねば。
パリを満喫できるのは、今日だけだから。
[PR]
by dango-dango | 2011-11-22 23:11 | オデカケ
パリ マルシェ (6日目)
昨日の夜、パリに無事到着。
早速、夜のパリを散策しようと計画していたのですが、長旅の疲れがここできたのか、軽めのダウン....
翌朝、朝市に行くためにもそのまま大人しくホテルで就寝しました。
f0200647_2163771.jpg

で、おはようごいざいます!
夜明けと共に動き出しました!
まずはマルシェへ。
バスティーユ広場のマルシェは平日でも賑やかだという、相方情報により行ってみることに。
シャトレ駅までメトロで移動。
リヴォリ通りを散策しながら広場へ向かう。
10月末のパリはやっぱり肌寒いが、朝の空気は気持ちいい。
f0200647_21201281.jpg

バスティーユ広場へ到着。
f0200647_22233514.jpg

パリ初心者にはブラブラと眺めて歩くだけでも楽しい。
f0200647_2232349.jpg

f0200647_2232597.jpg


f0200647_22354432.jpg

f0200647_22434941.jpg

f0200647_22501120.jpg

f0200647_22502326.jpg

まぁ本当に楽しそうだ。
f0200647_22502974.jpg

次回は朝食の食材を買いに来たいものである。
[PR]
by dango-dango | 2011-11-18 22:54 | オデカケ
パリへ (5日目のつづき)
モンサンミシェルに別れを告げ、いよいよパリへ向けて出発!
の前に腹ごしらえ。
この地方独特のオムレツを戴く。
正直、名物かも知れないが、私は苦手な味だった^-^;
f0200647_1994179.jpg

あとガレットも注文。
f0200647_1994694.jpg

イタリアもそうだったが、フランスもチーズがものすごく美味しい!!
チーズとパンだけでいい!
f0200647_195820.jpg


お腹も一杯になったところで、改めて出発!
途中、オンフルールという街で休憩&散策タイム。
古い港町だけど、街全体の雰囲気がいい感じです。
f0200647_19195551.jpg

f0200647_1921019.jpg


どこの国でも子供は無邪気でカワイイのだ。
f0200647_1937113.jpg

f0200647_1937209.jpg

f0200647_19372870.jpg


サンカトリーヌ教会。
f0200647_19382369.jpg

オンフルールの船大工によって建てられ、フランスでは最も大きな木造の教会です。
石造りとはまた違って味わい深いィ。

あ、そろそろ休憩も終わり。
早く出発しないと夜までにパリに着かないー
[PR]
by dango-dango | 2011-11-16 19:41 | オデカケ
モンサンミシェル、その中へ (5日目)
朝。
静かに陽が昇る。
f0200647_2104112.jpg

そして、モンサンミシェル。その中へ。
f0200647_215429.jpg

まだ朝なので、観光客も少なく、
f0200647_22112340.jpg

中世へタイムスリップしたよう。
f0200647_22111837.jpg

f0200647_22111031.jpg

f0200647_22141276.jpg

歩いていてふと感じたのは、「カリオストロの城みたい」と言う感覚。
尖塔に時計でもあれば、そのまんまルパンワールド。
f0200647_22153761.jpg

f0200647_19334528.jpg


水面にその姿を写す、モンサンミシェル。
f0200647_19283654.jpg


f0200647_1927183.jpg

f0200647_19274078.jpg

f0200647_19272416.jpg

眺めても、眺めてもその美しさは変わらない。
[PR]
by dango-dango | 2011-11-15 19:30 | オデカケ
モンサンミシェル (4日目のつづき)
モン・サン=ミシェル(Mont Saint-Michel)。
ユネスコの世界遺産にも登録され、知っている方も多いでしょう。
f0200647_1113443.jpg


サン・マロ湾に浮かぶ岩山に966年に修道院が建てられ、以後増改築を繰り返して、13世紀頃にはほぼ今と同じ形になったそうです。
それ以後、要塞といて使われたり、監獄として使われたり、19世紀頃まで増築改築されていったので、主要部はゴシック様式だけど、さまざまな中世の建築方式が混ざり合って構成されている。
建築やデザインなどに興味のある人には面白いのかも知れないですね。
f0200647_1113854.jpg

f0200647_11131199.jpg


1877年に対岸との間に地続きの道路が作られ、潮の干満に関係なく島へと渡れるようになったんですが、同時に潮流を止めることになり、島周辺に土砂の堆積が進んでいます。
また生態系への影響を考え、地続きの道路が取り壊され、2012年には代替となる新たな橋がかけられることが計画されているそうです。
また新しい姿になりそうですね。
f0200647_20304117.jpg

[PR]
by dango-dango | 2011-11-13 20:32 | オデカケ
フランスへ (4日目)
今日も移動日。
飛行機に乗ったり。バスに乗ったりで一日が終わる。
でも、遂にこの旅の第二の目的地へー!
(一つめの目的地は青の洞窟ね。)

ローマ・フィウミチーノ空港からパリ・シャルルドゴール空港へ。
f0200647_10363126.jpg

f0200647_10363638.jpg

およそ2時間のフライト。


シャルルドゴール空港からバスに乗り換え、二つめの目的地へ!
サービスエリアで昼食をとり、ひたすら走る。走る。
約4時間後、車窓から見えてきた!
第二の目的地、モンサンミシェル(Mont Saint-Michel)。
f0200647_10465918.jpg

[PR]
by dango-dango | 2011-11-13 11:09 | オデカケ
ローマの街歩き
ローマには数え切れないくらい名所がある。
コロッセオ、トレビの泉、フォロロマーノ、ヴェネチア広場、サンタンジェロ城、スペイン広場....
まだまだ書ききれないくらいにある。
どれも素晴らしく、魅力的。
でも今回は普通の(?)ローマの街を撮り歩いてみました。
f0200647_11104429.jpg

f0200647_11131369.jpg

f0200647_11132197.jpg

f0200647_11133728.jpg

f0200647_11134943.jpg

f0200647_1114227.jpg

f0200647_11141059.jpg

「ここは○○で××で有名です。」と言うキャプションが無くても
街の持つ魅力や雰囲気が伝わればいいなぁ。
f0200647_1124554.jpg

f0200647_11241244.jpg

[PR]
by dango-dango | 2011-11-12 11:26 | オデカケ
トップ

私、坊ちゃん団子の写真置き場です。
by dango-dango
お気に入りブログ
メモ帳
twitter
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧